logo

メニュー
  1. HOME
  2. 活動瓦版
  3. Let’s「見える化」!! 『生活行為向上マネジメント基礎研修 in 西部ブロック』

県士会瓦版

Let’s「見える化」!! 『生活行為向上マネジメント基礎研修 in 西部ブロック』

$img_title

【運営スタッフより】
12月16日(土)、国立障害者リハビリテーションセンターにて、『生活行為向上マネジメント(以下MTDLP)基礎研修』が行われました。
研修会では、MTDLPの概論の講義と架空の事例を用いてMTDLPのシートの作成演習が行われました。
今回の参加者数は45名であり、埼玉県作業療法士会員でMTDLPを受講した方が600名を超えました。
今年度のMTDLP基礎研修は終了となりましたが、来年度も研修会を開催する予定です。

MTDLP推進委員長  高橋 啓吾(リハビリテーション天草病院)

image (4)image (1)

【受講者より】
「生活行為向上マネジメント(MTDLP)」という言葉を耳にすることはありましたが、それがどのようなものか、恥ずかしながらよく分かっていませんでした。今回の研修を受けて、昨今MTDLPが重要視される所以が自分なりに分かったような気がします。
今回のMTDLP基礎研修では、まず概論について霞ヶ関南病院の酒井太郎先生にご講義いただきました。大変わかりやすいご講義で、今後いかにMTDLPが我々に求められるスキルであるかを理解することができました。
演習ではリハビリテーション天草病院の高橋啓吾先生にご指導いただきました。こちらはグループワークで、事例を用いてグループ内で意見を出し合いながらマネジメントシートを作成し、MTDLPのプロセスを学ぶというものでした。実際にシートを記入していくと「どれを目標にしたらいいのか?」「誰にどのようにアプローチすればいいのか?」など次々と壁にぶつかり、シート作成の難しさと同時に、自身の生活行為の分析力の未熟さを痛感しました。一方、グループメンバーは様々な領域の方々で構成されていたため、様々な視点からの意見を交換することができ、新たに視野が広がったように思います。
どの講義も大変興味深いものばかりで、1日がかりの研修があっという間でした。MTDLPは日本作業療法士協会が開発したということもあり、その内容は作業療法士ならではの概念と技能が盛り込まれた、誰にとっても明確でわかり易く、まさに作業療法の「見える化」のツールだと感じました。今後職場で活用する日がきた時は、今回の講義を思い出し、対象者にとってより良い作業療法が提供できるよう努めていきたいと思います。

石井 晶(あさひ病院)

image-5.jpeg

編集  石井 晶(あさひ病院)

【お知らせ】
埼玉県作業療法士会では、一緒に地域支援活動や県士会活動に参画していただける作業療法士を大募集しています。今後、活動を広げていくにあたって、多くの作業療法パワーが必要になります。私たち作業療法士の専門性を県民の皆さまに心を込めてお届けする活動に是非ともご協力お願いします!

県士会活動に参画してみようかな?とお考えの方はこちらの応募フォームにてお願いします。
https://business.form-mailer.jp/fms/af722b9773492

絶賛募集中!
<地域支援活動>
オレンジカフェ
若年性認知症本人と介護家族のつどい
子どもの発達支援巡回事業 ほか
<県士会活動>
災害リハ
精神科領域(認知症を除く)支援
地域包括ケアシステム推進
訪問リハ振興
福祉機器・自動車運転
介護予防
県士会広報活動(web、DTPほか)
県士会ブロック活動
県士会学会企画・運営
県士会研修会企画・運営
その他

関連コンテンツ