logo

メニュー
  1. HOME
  2. 活動瓦版
  3. 今年もコラボ開催!『地域包括ケア×生活行為向上マネジメント×認知症コラボ研修』開催レポート

県士会瓦版

今年もコラボ開催!『地域包括ケア×生活行為向上マネジメント×認知症コラボ研修』開催レポート

$img_title

2021年2月28日に,2020年度 埼玉県作業療法士会主催 地域包括ケア×生活行為向上マネジメント×認知症 コラボ研修 「地域に求められているOTになろう!!~地域包括ケアシステムでの役割、現場のケアマネジャーが求める事とは?~」が開催されました.

今回,コラボ研修では初のWEB開催ということで,他都道府県からもご参加頂き,事務局も含めて参加者は80名を超えました.

講師として,池端病院 作業療法士の紅野勉氏,飯能市地域包括支援センター はちまん町 主任介護支援専門員の高橋正代氏をお招きし,「ケアマネジャーとの連携」「ケアマネジャーが作業療法士に求めること」についてご講義頂きました.

午前中は,紅野先生,高橋先生のご講義でした.他職種連携についての知識が深まっただけでなく.ケアマネジャーの立場を理解すること,その上でOTとして何ができるのかを考えることの大切さを学ぶ機会となりました.

午後は,認知症を呈した事例に対し,MTDLPのマネジメントシートを用いてグループディスカッションを行いました.OTが地域ケア会議に参加した際,MTDLPの視点でどのように助言できるのか,自職種・他職種の専門性を考えながらの助言というのは,難しい課題ではありましたが,活発な意見交換ができ,大変内容の濃いグループディスカッションとなりました.

最後に本研修にご参加いただいた当事者の方から、「支援者も当事者も地域に根付いた住民であり、傍観者では要られません…共に知恵を出し合い、ゆたかで活気ある地域作りに邁進してゆきましょう!」と言葉を頂きました.

今回,WEB開催ということで,全国から多くの皆様に参加して頂きました.アンケートによると研修の満足度はとても高く,大変有意義な時間となりました.お忙しい中ご準備頂いた紅野先生,高橋先生,そしてご参加頂いた皆様,ありがとうございました.
来年度もどうぞよろしくお願い致します.



地域包括ケア推進部

関連コンテンツ