logo

メニュー
  1. HOME
  2. 活動瓦版
  3. 『小児を専門としていない作業療法士のための研修会』開催報告

県士会瓦版

『小児を専門としていない作業療法士のための研修会』開催報告

平成29年11月18日(土)・19日(日)、「小児を専門としていない研修会」が開催されました。正会員33名、学生会員9名の総勢42名の参加がありました。
今回のコンセプトは「この子がどんな子なのか?話し合う!!」ということを目的に「理解しようとすることこそ、支援の第一歩!!」と研修会を運営していきました。

20171118 (配布用)小児を専門としていない研修について

とはいえ、参加される方たちは普段、小児ではない病院、訪問で働いている方がほとんどでしたので、まずは日本医療科学大学の嘉成望先生を講師に迎え、小児領域作業療法の基礎知識を学びました。養成校時代の講義で聴いた話かもしれませんが、改めて聴くと、知識不足を実感した方や「もう1度また自分で勉強したい」と思われる方が多かったようです。

小児を専門としていない研修会_171120_0002

その後、埼玉県立小児医療センターの岡田洋一先生が担当しているお子さんをとことん話し合いました。30秒程度のVTRで何時間話したのかわかりませんが、最後のプログラム「困りごと交換会」がわずか5分しかできないほど盛り上がりました。実際に映像を見てグループワークができたため、とても勉強になったようです。数秒のVTRだけでたくさんの意見交換、様々な観察・考察ができることを参加者間で共有することができました。今後、お子さんを評価・介入するときのアイディアとなったようです。

OTとして「なぜ?」を考えることで、子どもの行動やOTの介入のリーズニング(Reasoning:根拠を探る)すること大切さを改めて実感しました。もはや、取調室のように「なぜ、やったんだ?」「お前がやったのか?」と自分自身に尋問(質問)していくことが臨床での評価・介入の根幹になることを学びました。

e5b08fe58590e38292e5b082e99680e381a8e38197e381a6e38184e381aae38184e7a094e4bfaee4bc9a_171120_0013.jpg

2日目は再び日本医療科学大学の嘉成望先生に「その子の思いを読み取るためにどのような【みる視点】が必要か?」という、より実践的な内容をご講義いただきました。

埼玉医科大学総合医療センターの平田樹伸先生の担当しているお子さんを評価から介入まで考えました。こちらも数秒の映像から、「どんな子?」を導き出し「子どものNeeds」「保護者のNeeds」「OTとしてのNeeds」をとことん考えました。最後は全体42人でディスカッションを行い、小児を専門としているOTが「OTとしてのNeeds」を考え、「子どものNeeds」「保護者のNeeds」にどうつなげていくか?を話し合いました。

「今のはどういうことですか?」という質問に専門としているOTが驚き、「私もそう思う!」という共感に専門としているOTがほっこりし、「私はこう思う!」という意見にディスカッションが深まっていきました。

最後はライフステージを考え、小児年齢だけ考えていても、その子にアプローチしきれていないことを実感し、“「小児を専門としている」とか「小児を専門としていない」ということではなく、「作業療法を専門としているOT」にならなくては!!”と熱い思いを胸に研修会は終了となりました。

やっぱりディスカッションでみんなと話すことはとても学びが多いと、大勢で行う症例検討の場の必要性を強く感じた2日間でした。

子ども支援委員会 委員長 田坂翔太

小児を専門としていない研修会_171120_0029小児を専門としていない研修会_171120_0007小児を専門としていない研修会_171120_0010小児を専門としていない研修会_171120_0033

専門としていない研修会シリーズ(こちらも ぜひ ご参加ください)
精神を専門としていない研修会
詳細:https://www.ot-saitama.or.jp/topics/2052/
お申し込みフォーム:https://business.form-mailer.jp/fms/b1edecb373724

編集  石井 晶(あさひ病院)

【お知らせ】
埼玉県作業療法士会では、一緒に地域支援活動や県士会活動に参画していただける作業療法士を大募集しています。今後、活動を広げていくにあたって、多くの作業療法パワーが必要になります。私たち作業療法士の専門性を県民の皆さまに心を込めてお届けする活動に是非ともご協力お願いします!

県士会活動に参画してみようかな?とお考えの方はこちらの応募フォームにてお願いします。
https://business.form-mailer.jp/fms/af722b9773492

絶賛募集中!
<地域支援活動>
オレンジカフェ
若年性認知症本人と介護家族のつどい
子どもの発達支援巡回事業 ほか
<県士会活動>
災害リハ
精神科領域(認知症を除く)支援
地域包括ケアシステム推進
訪問リハ振興
福祉機器・自動車運転
介護予防
県士会広報活動(web、DTPほか)
県士会ブロック活動
県士会学会企画・運営
県士会研修会企画・運営
その他

関連コンテンツ