【受付終了】2022年度 第2回厚生労働省指定 臨床実習指導者講習会(埼玉県講習会) 開催(オンライン講習会)

期日

2022年8月27日(土)・28日(日) 27日は9:00~(オンラインサイト開始8:30~)

実施方法

zoomによるオンライン講習会(演習でGoogleドライブを使用します)

対 象

免許取得後4年以上の作業療法士および理学療法士

募集人員

45名

  • 養成校登録者を含めて93名で開催します
  • 受講申込みが定員を超えた場合には、埼玉県作業療法士会正会員を優先させていただきますので、あらかじめご了承下さい

受講料

日本作業療法士協会会員 3,000円(資料代1,000円を含む)

日本作業療法士協会非会員・理学療法士 6,000円(資料代1,000円を含む)

  • 申込受付終了から2週間を目処にお送りする「受講確定メール」に記載されている県士会公式支払フォームにアクセスして、クレジットカード決済またはコンビニ決済にてお支払いをお願いします。お支払期限は受講確定メールに記載します。
  • 申し込み後は理由のいかんにかかわらず、参加者の変更ならびにご返金は出来ませんのであらかじめご了承ください。

注意事項

  • 受講者は自宅や職場など安定したインターネット環境のある場所で受講して頂きます
  • 演習課題でGoogleドライブを共有使用しますので可能な限りPC(カメラ、マイク付き)での受講をお願いします。PCの予備としてスマホでの受講は可能です。
  • クロームBOOK、クロームOSのご利用はお控えください
  • 参加申込みフォームに、受講する場所のインターネット環境、テキスト・修了証の送付先住所(送付先は非OT協会員のみ)を登録していただきます
  • 日本作業療法協会員の方は協会へご登録されている住所へ資料が送付されます.下記の協会ポータルサイトから会員情報をご確認いただき,希望送付先の情報をご確認いただきますようお願い致します.
  • 住所や勤務先が変更となった方で,協会登録を更新していない場合,資料が届かないといった事態が予想されます.
  • zoomのID、パスワード、諸連絡などを申込時に登録していただいたメールアドレスにお送りしますので、確実にメール受信できるようにご準備ください
  • 携帯キャリアメール(docomo.ne.jp、ezweb.ne.jp、softbank.ne.jpなど)以外でのご登録をお願いします
  • 事前に接続テストを行います(期日未定)

メールについてのお願い

下記アドレスからのメールを受信できるようにメールフィルター等の設定お願いします。下記アドレスからのメール送受信ができない場合は受講をお断りすることもありますのでご注意ください。こちらからお送りするメールが迷惑メールフォルダーに自動転送されるケースも散見されておりますので、くれぐれもご注意ください。

  • otsaitama@gmail.com
  • jimukyoku@ot-saitama.or.jp
  • autoreply@form-mailer.jp

生涯教育ポイント

4ポイント(日本作業療法士協会会員のみ)

  • 修了者には厚生労働省からの修了証が発行され後日郵送されます
  • 原則として遅刻早退された場合は修了証が発行されません

申し込み期間

2022年 5月23日(月) 6:00 ~ 5月30日(月)23:59

上記期間内であっても、定員を超えた場合には予定より早く終了することがあります。

申し込み方法

  1. 下のボタンをクリックして申し込みフォームにアクセス
  2. 必要事項を入力してフォームを送信
  3. 申込受付メールが届きます(この時点では受講確定ではありません)
  4. 受講確定メールが届いた時点で確定です(申込受付終了後およそ2週間後)
  5. 受講確定メールに記載されている決済フォームにアクセスして、コンビニ、クレジットカード決済にて受講費用をお支払いください

5月23日 13:00 申し込み数が定員を大きく超えたため、募集を終了しました


講習会プログラム

1日目
8:30~オンラインサイト開始
9:00~9:30開会 オリエンテーション(講習会の進め方)
9:30~10:00 (30分)講義1 理学療法士、作業療法士養成施設における臨床実習制度論  
意義・目的・内容・仕組み
10:00~11:00 (60分)演習1 一般目標と行動目標
11:00~11:05 (5分)休憩
11:05~12:05 (60分)講義2-1 臨床実習指導方法論①
学生の特徴と対応 対象者の捉えかた 臨床実習指導のあり方
12:05~13:05 (60分)講義2-2 臨床実習指導方法論②
見学・模倣・実施プロセスと指導ポイント コーチング・ティーチング
13:05~13:10 (5分)休憩
13:10~14:40 (90分)演習2 基本的態度・臨床技能・臨床の思考過程の見学・模倣・実施の実践
14:45~15:15 (30分)講義3 臨床実習における管理・運営
臨床実習の基本構造、ハラスメント、リスク管理、個人情報の保護
15:15~16:15 (60分)演習3 ハラスメント防止
16:15~16:20 (10分)休憩
16:20~17:20 (60分)講義4 臨床実習における学生評価
教育評価の意義 学生評価とは 評価の側面と役割(OSCEの活用)
17:20~18:50 (90分)演習4 臨床実習における学生評価の実際
重点ポイントの整理および実習遂行が困難な学生への対処法
タイムスケジュールを変更する可能性があります
2日目
8:30~オンラインサイト開始
8:45~9:15 (30分)講義5 職業倫理および連携論
多職種連携・チームワーク論、卒後教育との関連
9:15~10:15 (60分)演習5 多職種連携
10:15~10:20 (5分)休憩
10:20~11:20 (60分)講義6 臨床実習指導方法論③
生活行為向上マネジメント(MTDLP)
11:20~12:50 (90分)演習6-1 MTDLPによるマネジメント過程の実践
12:50~12:55 (5分)休憩
12:55~14:25 (90分)演習6-2 事例報告書の作成
事例報告書の作成指導・報告の仕方 臨床思考過程の理解と指導
14:25~14:30 (5分)休憩
14:30~16:00 (90分)演習7  作業療法参加型臨床実習の理解
作業療法参加型実習のあり方
16:00~16:05 (5分)閉会・事務連絡
演習2、演習6-1は昼食を取りながら実施致します

お問い合わせ

埼玉県作業療法士会事務局 jimukyoku@ot-saitama.or.jp